早漏対策のダポキセチンを忘れ、パートナーを傷つけてしまった男性

性行為の際、早漏でパートナーを傷つけてはいませんか?そんな時にはダポキセチンが効きます!あくまでも早漏対策の為に作られた薬なので、早漏予防に特化して効き目が抜群です。なるべく副作用も抑えてあるので、リピーターが増えているのも特徴です。

2017年03月の記事一覧

ダポキセチンとLシトルリンの精力増進効果の評判

Lシトルリンは、アミノ酸の一種で、スイカやトマトなどの赤い色素を持つ植物が持っている成分で、体内に吸収されると筋肉の回復をたすけたり、血管を拡げる効果があるので、精力剤などにも配合されています。この成分はアルギニンと同時に摂取すると相乗効果を期待することができるので、ED予防のためにサプリメントの中には、アルギニンとLシトルリンの両方を含んでいるものが多くあります。食事から大量に摂取するのは難しいとされている成分なので、サプリメントを飲むのが一般的です。筋肉の回復をサポートする成分としてはアミノ酸が有名ですが、Lシトルリンやアルギニンは成長ホルモンの分泌を促す効果があるので、筋肉の回復力を高めることができます。ダポキセチンはSSRIの薬で、セックスの1時間前に服用するだけで効果を発揮するので、射精時間が短くて悩んでいる人には評判の良い薬です。早漏の薬は外用薬もありますが、亀頭部分に局所麻酔成分を直接塗らなければならないので、女性器に対するダメージもあるので、慎重に使用しなければなりません。またオーラルセックスをするときに、パートナーの唇などがしびれてしまうので、事前に使用することを申告しておかないとトラブルが起きる可能性もあります。ダポキセチンは内服薬で、射精時間を3分程度長くすることができますが、効き目には個人差があるので、挿入してから射精までの時間が長くなりすぎて射精障害を起こしてしまうこともあります。もともとSSRIの薬の副作用に射精障害や性欲低下などがあったので、これを早漏予防に利用したのがダポキセチンです。セックス前の緊張や不安を和らげる効果は強いのですが、性欲が低下してしまう場合には、使用を中止しなければなりません。

続きを読む