早漏対策のダポキセチンを忘れ、パートナーを傷つけてしまった男性

性行為の際、早漏でパートナーを傷つけてはいませんか?そんな時にはダポキセチンが効きます!あくまでも早漏対策の為に作られた薬なので、早漏予防に特化して効き目が抜群です。なるべく副作用も抑えてあるので、リピーターが増えているのも特徴です。

2016年12月の記事一覧

ダポキセチンと早漏改善プログラムとケアスプレー

早漏を改善するために克服プログラムでは、精神的な弱さを克服することを重視しているので、薬などに頼らずに症状を改善することができます。心の問題を抱えているとEDなどにもなりやすくなるので、ストレスの解消法や、不安や緊張による脳の興奮に対する対処法などを学ぶことで、リラックスをしてセックスができるようになります。セックスというのはリラックスをしないと勃起できないので、緊張するなどして交感神経が興奮状態だとペニスに血液が流れなくなるので、勃起不全や早漏などを起こしやすくなります。ダポキセチンはSSRIの薬なので、脳内のセロトニンを調節することで、射精の時間を長くすることができますが、効き目には個人差があるので、効果が不十分な場合には、2週間から3週間程度服用を続けて、脳内のセロトニンの量を安定させます。セロトニンの量が安定すると不安や緊張が起こりにくくなるのでリラックスをしてセックスができるようになります。またSSRIを服用すると性欲が低下したり、射精障害が起きるので、射精時間が長くなる傾向があります。これを利用すると高い確率で早漏を予防することができるので、世界的な需要も増え続けています。ケアスプレーは局所麻酔成分が含まれているので、亀頭に塗布するだけで射精時間を長くすることができますが、パートナーとのオーラルセックスなどのときにしびれる可能性があります。効果は30分から1時間程度とされていますが、セックスの方法などによっても変わります。ED治療は本来ならばストレスを解消したり、セックスに対する不安を和らげることで克服するのですが、勃起改善薬などを服用することで一時的に改善することもできます。

続きを読む