早漏対策のダポキセチンを忘れ、パートナーを傷つけてしまった男性

性行為の際、早漏でパートナーを傷つけてはいませんか?そんな時にはダポキセチンが効きます!あくまでも早漏対策の為に作られた薬なので、早漏予防に特化して効き目が抜群です。なるべく副作用も抑えてあるので、リピーターが増えているのも特徴です。

2016年11月の記事一覧

ダポキセチンとメンズコントロールDIOで3秒耐える

メンズコントロールDIOはスプレーするだけで早漏を改善することができますが、亀頭の感覚を鈍らせるだけなので、効果は30分程度しか持続しません。しかし局所麻酔成分を使用しているので副作用の心配がありません。注意点としては、女性の口や性器などに直接麻酔成分が付着するとしびれてしまうことです。早漏は症状がひどいと挿入して3秒で射精してしまいますが、この薬を塗ると3分程度は長くすることができます。早漏の主な原因は精神的なストレスや肉体疲労などですが、気にしなければ、短期間で改善します。あまり気にしすぎてしまうとセックスをするのが不安になるので、余計に緊張してしまいます。対処方法としては、アルコールを直前に飲むというものがありますが、アルコールは神経を鈍らせるので、射精時間を長くすることができます。飲み過ぎてしまうと感覚が麻痺してしまうので、射精ができなくなる場合もありますが、リラックスした雰囲気でセックスをすれば早漏にならなくて済みます。ダポキセチンはSSRIの薬で、脳が興奮しなくなるので、亀頭に対する刺激に強くなります。射精時間が5分程度長くなりますが、毎日継続して服用するとさらに効果が高まります。問題点としては、副作用が起きる可能性が高いことで、とくに射精障害や性欲の低下などが多いとされていて、これらの症状が出た場合には服用を中止して、他の薬に変更する必要があります。射精時間は平均すると7分程度なので、1分で射精してしまう人が使用すると平均的な射精時間になります。この薬は脳に直接作用する薬なので、医師のアドバイスがないと副作用に気が付かない場合があるので、飲み過ぎないように注意をすることが重要です。

続きを読む