早漏対策のダポキセチンを忘れ、パートナーを傷つけてしまった男性

性行為の際、早漏でパートナーを傷つけてはいませんか?そんな時にはダポキセチンが効きます!あくまでも早漏対策の為に作られた薬なので、早漏予防に特化して効き目が抜群です。なるべく副作用も抑えてあるので、リピーターが増えているのも特徴です。

2016年10月の記事一覧

ダポキセチンとゴクアツを併用しても不安な場合

早漏をコンドームで予防するために開発されたのがゴクアツで、これを使用することで亀頭を刺激から守ることができるので、射精までの時間が長くなります。早漏の人は女性にペニスを触られただけで射精してしまうことがあるので、ゴクアツをセックスの最初の段階から装着していることで、様々なスキンシップを体験することができます。ダポキセチンはSSRIの薬なので不安や緊張を和らげることができます。またダポキセチンを服用すると亀頭の感覚が鈍くなるので、ゴクアツと併用するとより早漏予防効果が高まります。男性はもともと静かな環境で、リラックスをしていないとペニスに血液が流れにくくなるので、早漏やEDで悩んでいる場合には、信頼できるパートナーと話し合って、失敗してもあまり気にしないことが重要です。気にしてしまうとセックスに対する不安が大きくなって、勃起が維持できなくなります。中高年の男性の場合は、筋力の低下や男性ホルモンの減少によって、性欲が低下したり、勃起の維持が難しくなるので、筋肉を増やして男性ホルモンの分泌を増やすことで、正常なセックスができるようになります。効果的な運動としては、大腿四頭筋や腹筋、背筋などの大きな筋肉を鍛えるもので、スクワットをするとセックスに必要な筋肉の多くを鍛えることができます。またスクワットをするときにゆっくりと行うことで、より多くの成長ホルモンが分泌されるので、筋肉の疲労回復や、精子の量を増やすなどのメリットもあります。セックスの運動量は急ぎ足で歩く程度なので、必要以上に体を鍛える必要性はありませんが、疲れにくい体を作ることで、勃起を維持できる時間が長くなったり、精神的に強くなるので不安や緊張を感じにくくなります。

続きを読む