早漏対策のダポキセチンを忘れ、パートナーを傷つけてしまった男性

性行為の際、早漏でパートナーを傷つけてはいませんか?そんな時にはダポキセチンが効きます!あくまでも早漏対策の為に作られた薬なので、早漏予防に特化して効き目が抜群です。なるべく副作用も抑えてあるので、リピーターが増えているのも特徴です。

2016年09月の記事一覧

ED治療薬にダポキセチンが含まれているか確認

ダポキセチンは早漏防止に効果のある成分で、日本の厚生労働省には認可を受けていませんが、アメリカのFDAやヨーロッパ諸国では認可され、病院で処方されるようになっています。男性の性機能の問題として勃起ができない、性交中に萎えてしまうなどのEDに加え、射精が早い早漏といった症状が一緒に併発していることがあります。EDを改善するために開発されて治療薬として日本でも認可されている3大ED治療薬は、EDのみに働きますが、ジェネリック医薬品などと呼ばれるコピー品は、最近ではダポキセチンを一緒に配合しているものが主流となっています。気づかずに購入すると、ED改善と早漏防止の2つの作用が働き、射精のコントロールができるようになるのですが、これは早漏症や予備軍の人の話であり、元々EDではあっても射精には何ら問題のない人には多大な影響を与えます。ダポキセチンは射精のコントロールができるようになるのではなく、射精までの時間を長くするだけの働きを持っているので、通常の人が使用すると射精までの時間が長くなる、あるいはいつまで経っても射精できないといった問題が起こります。勃起不全ではパートナーとの満足な性行為ができませんが、改善されたからといって射精できなければ意味がないので注意が必要です。また、ダポキセチンによる副作用のリスクもあるので、ED治療薬を購入する際は、自分に何の症状があって、どの効果が必要が理解し、自分に合った治療薬を購入することが重要となります。逆に早漏気味の人は、勃起が改善されてもすぐに射精してしまっては意味がないので、なるべくダポキセチンの配合された治療薬を選択しましょう。ちなみに、ED治療薬とダポキセチンの配合された医薬品は、高濃度で配合されているものもあるので、1錠そのままで飲めるか、分割しなくてはいけないかも確認しておく必要があります。

続きを読む

ダポキセチンとはED治療薬に含まれる成分の名前です

ED治療薬と一緒にダポキセチンが含まれている医薬品もあります。この場合、勃起不全を解消する効果を持つと同時に早漏も一緒に改善することに期待を持てる医薬品です。あくまでもダポキセチンは早漏を改善する役割があるだけで、EDを改善する効果はありません。ただレビトラといったED治療薬には多少早漏の改善効果があります。EDと早漏を改善したい場合は、ED治療薬とダポキセチンが配合されている医薬品を使うと良いでしょう。
もともとダポキセチンは抗うつ剤として使われていました。服用をしていた男性が今までよりも射精をするのが遅くなった報告を受けてから、早漏改善薬として開発が始まりました。ダポキセチンはセロトニンを吸収させない効果があります。このセロトニンは興奮するときに分泌されるノルアドレナリンを抑制する力があり、早漏の男性はセロトニンが少ないことがわかっています。自律神経のバランスが悪いことで、射精スピードが速くなることから、それを調整するのができるのがダポキセチンです。脳内から働きかけることができますので、効果も高い医薬品です。今までは男性器を麻痺させる製品で早漏の改善を試みることが多かったですが、いろいろと制約も多く、ムードが必要なセックスには使いづらい製品でした。ダポキセチンは画期的な早漏改善対策になっています。
副作用が少ないことで知られていますが、火照りや顔の紅潮が見られることもあります。また胃腸の不調を感じる人もいますので、服用後の副作用が辛い場合は医師と相談をして、服用を続けてください。多くの場合は服用し続けることで副作用も少なくなるのが一般的です。今までにない早漏対策は多くの男性に活用することが可能です。

続きを読む