忘れていませんか?ダポキセチンのこと

早漏対策のダポキセチンを忘れ、パートナーを傷つけてしまった男性

性行為の際、早漏でパートナーを傷つけてはいませんか?そんな時にはダポキセチンが効きます!あくまでも早漏対策の為に作られた薬なので、早漏予防に特化して効き目が抜群です。なるべく副作用も抑えてあるので、リピーターが増えているのも特徴です。

ダポキセチンと同様の効果のジェネリックがある

ダポキセチンと同じ効果を持つジェネリック医薬品がありますので、そちらを利用した方が費用も少ない改善策になります。ただしジェネリック医薬品といっても、厳密にいえばそうではなく、インドの製薬会社が製造した医薬品になっています。本来であれば医薬品には特許があり、これで開発費や研究費を取り戻しています。よって開発されて出てきた医薬品は高くなっているのが特徴です。本来であればその特許が掛かり莫大な予算を回収する金額になっているはずですが、インドには医薬品特許の概念がありません。同じ手法で作られ、同じ成分が配合された医薬品が格安の値段で売られています。それをジェネリック医薬品と呼んでいることも多いです。これらの医薬品はクリニックでは入手することができず、個人輸入でなければ購入はできません。
個人輸入では多くの通称ジェネリック医薬品が売られていることから、クリニックで高い費用を支払っている人たちがそれを利用しています。ダポキセチンが配合された医薬品は保険適応されないことから自己負担となり、大きな費用がかかります。セックスをするときに服用する医薬品ですので、医療費が積りに積もって早漏改善薬を使用できないこともあります。そのようなことを避けることにも、個人輸入は貢献してくれるでしょう。
しかし医薬品であることを忘れてはいけません。比較的副作用が少ない医薬品に分類されているのがダポキセチンですが、持病を持っている人にはリスクがある医薬品です。心臓病や肝障害、腎障害を抱えている人には服用できません。また抗うつ剤や抗真菌剤といった医薬品と併用すると効果が強く出るなど副作用が生じることがあります。個人輸入を利用する場合は、自己責任が大切な概念です。